氏子総代会 とは      戻る / 神社の豆知識シリーズへ戻る

  多くの町民から親しまれ敬われている『近戸神社』は、五穀豊穣や家内安全の守り神と
   して、上大島町の歴史と共に歩んでまいりました。
    言うまでもありませんが、「近戸神社」町民にとって最も身近な神社であり、守護される
   地域のことを氏子地区、そして住む人々を氏子といいます。

    氏子総代会は、各地区(組)の氏子代表(氏子総代)9人で構成され、由緒ある大切な
   「近戸神社」を維持、管理していくと共に、伝統ある数々の「神事」を準備し、執り行うこと
   によって、後世に引き継いでいく事を目的としています。

  【 総代会概要 】

    ●任   期: 1期4年。円滑に引き継ぐために、約半数の総代が交互(2年間隔)に
             交替します。

    ●活動年度: 毎年4月1日〜翌年3月31日
    ●総代選任: 上組・中組・下組・東組から各2名、西組1名
    ●総代メンバー: 総代長 1名 ・ 副総代長 1名 ・ 会計 1名
               総代 6名

  【 総代会行事 】
 
     4月  「春の祭典」の準備及び開催。花飾り作り・神社清掃・祭壇作り・幟旗(のぼりはた)
           の掲揚・後片付け等。
           開催日:4月10日
                  五穀豊穣(人が常食とする五種の穀物が豊かに実ること)と商売繁盛、
                  町民の安泰を祈る祭典です。

     5月  「近戸神社」、「愛宕様」の周囲の植木剪定。
           前橋東南地区氏子総代会への参加。

     6月  諸会議の実施。各種の幣束(へいそく)作り。

     7月  「八坂神社祭典」の準備及び開催。神社清掃。納涼祭用の花飾り作り。
           開催日:7月24日 
                   祭神は素戔嗚尊(すさのおのみこと)で、疫病消除の神です。
                   祭典では町民の無病息災を祈ります。

     8月  「納涼祭」の準備及び開催の手伝い。神社及び愛宕様の清掃・祭壇作り。観音様
           の花飾り。幟旗の掲揚。並びに納涼祭終了後の後片付け。注連縄(しめなわ)作り
           用の茅(かや)刈り及び茅干し。

           開催日:8月上旬 子供の健全な育成と町民の親睦を目的に自治会と各種団体
                      が中心になって催します。
                      当日は、2台の山車がお囃子を奏でながら町内を巡ります。
                      また、夕刻からは、おでん・焼きそば・かき氷などの出店や
                      西瓜・赤飯なども振る舞われます。
                      舞台では、八木節、日本舞踊など、広場ではダンベ踊りや
                      ビンゴ大会などが全員参加で賑やかに行われます。
                      さらに、豪華賞品の当たる福引きも人気で、毎年大変な賑わい
                      を見せています。

     9月  諸会議の実施。各種の幣束(へいそく)作り。
           前橋東南地区神社氏子総代会による他県の神社公式参拝への参加。
           
     10月  諸会議の実施。

     11月  「秋の祭典」の準備及び開催。篠竹(しのだけ)の刈り取り作業(初詣で参拝者
            へ配布の旗用)。注連縄作り(鳥居用は毎年・拝殿用は隔年)
            開催日: 11月23日 新嘗祭(にいなめさい)と言われ、新穀感謝の祭典です。
                      新穀を天神地祇(てんじんちぎ。天の神様、地の神様)に供え、
                      天皇も新穀を食される。宮中では一年の諸祭儀のなかで
                      最大の祭りとされ、民間の稲の収穫祭にあたることから、
                      古くから神社でもこの祭りが行われています。

     12月  ・ 「御神札」、「福だるま」の受付及び配布。
            ・ 老人会と共同作業で、初詣参拝者用の旗作り。
            ・ 「正月飾り」の準備(神社清掃・注連縄の付け替え・幣束の付け替え
                                      ・門松作り・他)
            ・ 「新年拝賀式」の準備及び開催(自治会と共催)。
            *「大晦日」・2年参りの準備。 午前零時、氏子総代長の太鼓打ちにより
                               初詣はじまり。

     1月  ・「元旦祭」1月1日 新年を祝い町の繁栄、町民の安泰などを祈る祭典です。
                      午前0時、新年の訪れを告げる太鼓の合図と共に、初詣
                      での町民で賑わいます。
           ・「愛宕様祭典」の準備及び開催。

     2月  ・諸会議の実施。

     3月  ・年度末会議及び新年度の準備。

  戻る / 神社の豆知識シリーズへ戻る