上大島町ホームページ開設の指針              戻る

                                                        平成21121

1 ホームページ開設のねらい

 上大島町のホームページは以下の目的で開設される。

1) 自治会業務の広報

 a 自治会の情報発信(ホームページ)

 b 自治会からの連絡

  従来から「回覧板」等で公開されてきたものを基本とする。最低限の条件として、 
  おおよその自治会情報がつかめるとともに、諸行事への参加や会議等の開催日程が速
  やかに伝達出来るものとする。

  ・自治会の正式名称、所在地、連絡先電話番号

  ・(連絡先電子メールアドレス)

  ・自治会の事業概要等

  ・各種団体の概要

   ・行事予定、行事結果のお知らせ

    ・その他必要な事項

2) デジタルリソース・アーカイブ

 a 自治会及び各種団体の実践活動、創造的活動の公開

 b aの蓄積(データベース)

3) 前橋市及び永明地区事業の概要

4) 営利目的の利用など、自治会の目的からはずれた利用はしない。

2 責任範囲

  本自治会の定めるサーバー内にあるホームページに掲載された情報について、自治会長は責任を負う。

  なお、本自治会のサーバーは、@24時間だれでもアクセスできる環境 A落雷等によるパソコンの破損防止
  B停電によるパソコンの停止 Cセキュリティーの確保 D個人情報の漏洩防止等の観点から、
  レンタルサーバー(ホームページデータを預けるパソコンを管理する専門会社)を利用するものとする。

3 取り扱い責任者

 自治会長はインターネットの利用の適正を図るため、ホームページ作成委員会から
 web
管理責任者(会計担当副自治会長)および、web page取り扱い責任者をおくものとする。

 1) ホームページ作成委員会の姿勢

   ホームページ作成委員会は、自治会員の意見をとり入れながら、自治会のweb pageを作製する。

 2) ハードウェアの管理

   ホームページ作成委員会は、インターネットの接続に必要な環境の維持管理に当たる。

4 情報発信における留意点

 1) 個人情報の発信について

   インターネットを利用して個人情報を発信する場合には、下記の点に留意して関係者の指導の
   下に発信するものとする。

 a 不必要なプライバシーに関する情報は公開しない。

  ・ 氏名は原則として姓を用い、名は使わない。ただし、著作権を主張する必要がある場合や、
    表彰受賞者等、必要があると認められる場合には、フルネームを使うことも可とする。

  ・ 住所、電話番号、生年月日、趣味、特技、その他の個人情報は公開しないものとする。ただし、
    電子メールなど相手が特定できる場合には、必要に応じて年齢、趣味・特技などを発信できる。
    しかし、その場合にも、住所、電話番号、生年月日は原則として発信できないものとするが、
    原則に従わない場合は。自治会三役と協議のうえ措置すること。

 b  個人が特定できる鮮明な写真については、原則として使用しない。ただし、必要があると認められる場合は
 、その写真のコピーを該当者あてに配布し、その者の了解をとってから、公開する(肖像権を尊重する)。
  なお、この際、インターネットへ発信することの意義とともに発信に関わる危険についても
  周知徹底を図るものとする。

 c 本人もしくは関係者から発信内容の訂正や取り消しの要請を受けた場合は、直ちに発信内容の変更、
   取り消しをしなければならない。

 d 指導機関その他の組織や団体あるいは個人から発信内容に関する指導や指摘を受けた場合は、
   速やかに協議し、適切な処置を執らなければならない。

2) 公開するデータは著作権法に違反しないものに限る。

  著作物の公開の際には、著作権者の了解を取った上でないと公開してはならない。また、出版物のコピー
  などを用いる場合は、必ず出版社の了解を取り、その旨をページに記す。

3) 著作権の主張

  全てのページに上大島町自治会の著作権を主張する旨を明記する。また、文芸作品等を公表する際、
  著作権を主張する旨を記す。(実名を希望しない場合は、イニシャルやニックネームでもよい)

4) ホームページへの登録データのチェック

 a 登録データのチェック機関は、ホームページ作成委員会とする。情報発信者は公表 データの内容を
  ホームページ作成委員会に申し出て承認を得たうえ公表する。(既に 
   公表されているデータの更新も含む)

 b 登録手続きの手順

  ・制作者が、作成したページを提出

  ・ホームページ作成委員会が内容点検および承認を行う。

  ・web page取り扱い責任者が登録

 c web page取り扱い責任者、Web管理責任者は承認を得ていないデータがホームページに登録されていないかどうか
   日常的にチェックする。

6) トラブル発生時の対応の手順

  トラブルが発生した場合は、ホームページ作成委員会で協議する。委員会で対処できない場合は、
  自治会三役会で協議し、最終的に自治会長が判断する。

5 ホームページのリンク

 1) 他機関からのリンク

   本自治会のホームページに対する他からのリンクは、自治会の目的に逸脱していな いのものについては
  通知があれば原則として自由とする。また、著作権表示を明確にし、ページの複製等については、
  自治会長の同意の上認める旨をホームページ上に明記する。

 2) 有害情報の排除

   本自治会のホームページから他のページへのリンクは、社会的効果を十分配慮して 設定するものとする。
  有害情報等が含まれると判断されたページへのリンクは設定しない。

6 自治会員への啓発および理解の要請

  ホームページ開設の案内(目的、事業効果、危険性、協力要請)を出す。

7 メールの管理

  自治会員とのメールのやりとりについては、メリットデメリットが考えられるので、当分の間は、
 メール配信システム(メールマガジン)による自治会から登録した方への一方通行による配信とする。
(各種団体の行事の開催・変更・中止等の連絡を配信するグループを作ることにより、そのグループに所属
 する会員だけに配信することも可能です。)

8 ホームページ作成委員会設置要綱については、別に定める。

                              ページ先頭へ

戻る